2011/01/29 (Sat) ゆきつぶー

 ブログでも更新しようかなぁ、と思いながらBGMに「ARIA」のアニメーションサウンドトラックを久しぶりに引っ張り出して聞きながら更新、、、。いかん、癒されすぎてとろけそお。

 さてさて「例大祭」の方は前回参照軽やか見事に落選となった訳で、時間に余裕が出来ました。

 と思っていましたが、作画がモッチャリ遅い症候群の猫助さんは油断していると終わらなくなる可能性大な為、ジワジワ完成に向けて進めている日々。別の作品とかにも手をつけたい所ですが「一つ終わらないと次に進めない面倒くさい性格」な人なので、なんでしょ?いつも追われているコノ恐怖感。外は寒くてガタガタ震えて家では暖かい部屋の隅っこでガタガタ震える、そんなパフォーマンスな日々。


 とは言え、若干の心の余裕は出来たので、「例大祭の原稿、もう大丈夫、となるまでとりあえず封印」と思っていた「ゆきつぶ」という作品をプレイ。

ゆきつぶー 作・吉村麻之 イラスト・楽煮

 「演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す」

 サイト「むきりょくかん。」さんの冬コミにて頒布されたビジュアルノベルです。
 本当は3日目も参加して購入しておきたかった作品の一つなのですが、2日目で早々と帰宅してしまった為ちょっと諦めていたのですが、「メロンブックス」さんで販売開始となり仙台の店舗に置かれるまで待てなかった猫助さんは初めてのネット通販とやらで購入。次の日には届いてあまりの速さに驚いた。ちなみに仙台のメロンでも先日置かれているのを確認。何故か東方ばっかりのコーナーに。何故?

 とりあえず届いた日はあまりの嬉しさにパッケージを開けたり閉じたり数回しながらニヤニヤしていましたが、いかんせん心に余裕が無かったこともあり「じっくり腰を据えて読みたい」とも思っていて、プレイするのは2月中旬かなぁ、と考えていましたがこのたび幸運にも不幸に例大祭落選で心に若干の余裕が生まれたので早速プレイするのは自然の摂理かと。レッツプレイれっつえんじょい。





 面白い!




 面白いです。コノ感動をどう言葉で表現したらいいのでしょう?文章ベタの猫助さんには上手く感想を書けません。というかいつものことで感想を書くのはとても苦手なので、感想を書こうものなら「小学生低学年の読書感想文」チックになってしまい、コノブログを見て下さっている方のハートをキャッチしてプリってキュアな事など不可能です。よもや書いたとしても「猫助、、おめぇ、分かってねぇ、、わかってねぇよ、、」とダンディなコメントが数件来てしまいそうで怖いです。間違いなく僕のテンション航空ショーブルーインパレス級の滑空急降下確定なので怖いです。

 ですが何か書かないと気が済まないこの感動。そしてこの面倒くさい性格。


 なんというか「青春」だなぁ、と。いい青春だなぁ、と。
 僕の学生の時横の部室が演劇部で、発声練習とか聞こえてきていたのですが、彼等・彼女等はもしかしたらこんな世界が見えていたのかもなぁ、と深く思いました。僕は隣で粘土練ってました(陶芸部)。いかん、違う意味で泣きそう。

 読み終わって深く深呼吸しながら「あぁ、いい作品だったなぁ、感動しちゃったなぁ、、ほなみんの頭ナデナデしたいなあ!」と(何


 是非やってほしい作品、読んでほしい作品です。

 残念なのはパッケージの裏が真っ白な為作品内容が全く分からないトラップ。一見さんにはハードルが高い。
 だけどこの真っ白なダケっていうのも個人的に嫌いじゃないのです。この作品を表している気もするのです。いや時間が無かったからこーゆーデザインなのかもしれませんが。

 ああ、、あの、、あのシーン、、本当に良かったなぁ、、、。


 どこのシーンなのかは書いてしまうのが勿体ないので書きませんが。


 

スポンサーサイト

色んな話 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ