2012/05/20 (Sun) 片手に薔薇を、片手にキャンディを

 5月も終盤に突入の兆し、気候も暖かかったり寒かったりで若干風邪気味でコンニチハ猫助です。基本毎日寝落ちをしている報いとも言えます。色々進めなくてはいけない事もありつつ、一番最優先にしたい原稿の方は毎度ながらモッチャリ進行でやっぱりある程度締め切りが無いとダレてしまう自分にホド良く凹みながらトーンをペタペタ貼ってはカシカシ削っております。コミケの当落は6月上旬くらいだった気も。意外に時間無いな、、あれ?

 はてさてアイマス話としては「スロット版アイマス・パチマス」なのですが、画面を見ると意外に作りこんでいる感じで変にアイマスのネームバリューだけで作った台という訳でも無く純粋に面白そうです。かといってスロットにお金を飲みこまれるのはいかがなものか、と言う感じでやっぱりゲームセンター・コンシューマ待ちな方向で待ちたい所。というかゲームセンターでもコインゲームは一度もやった事ないのですががが。家庭用移植はよ。

 アイマス民界隈でも「やる派」「スロットには興味無い派」「実機買うわ」に分かれていい感じに祭りっております。実機って60万くらいしますが半年、一年経つと10万くらいには下がるらしいですが、アイマスなどのコレクターズアイテム的な台は20万くらいじゃないか?と囁かれております。いや、流石に買いませんよ?

 6月のライブの方も会場チケット漏れ対処の「ライブビューイング」。全国50館での開催と言う事でコチラ宮城でも生上映されるということで俄然予約はしておきました。土曜日に予約しましたのでもしも当選したらその日ははしゃぎたいと思います落ちたら泣きながらライブブルーレイでもポチっておきます。


 さてさてさて、
 最近チョットしたニュースで「フリーゲーム【Ib】オンリー即売会開催」といった話を聞きました。
 ふむ、フリーゲームでオンリーイベントまでの人気って凄いですよね。という感じで検索開始。

 「Ib」(イヴ)は作者「kouri」さん作成のホラーアドベンチャーゲーム。両親と共に訪れた美術館、イヴという女の子が一人で館内を見学していると不思議な世界へ、な話なのですが、全体的に美術館の独特な空気といいますか、あの普通の空間とは違う感じを膨らませた様な、不気味な感じな、実にいい雰囲気なゲームです。あと猫助さんホラー苦手やねんて。

 と言う事で「ゆめにっき」の時と同様ニコニコのゲーム実況動画しか見ていないのですがとても面白いゲームですね。なんにせよ僕はあの「コメント・実況有り」な状況でないと見れません。怖いよ、アレ、一人では厳しい、猫助さんヘタレ。

 実況の方は僕がちょいちょいチェックさせてもらっている「レトルトさん」がプレイしていたので楽しく見れました。興味がありましたら是非!「絶体絶命都市」や「パレット」実況もお勧めですよ。



 詳しく説明してしまうと面白さが無くなってしまうので書きませんが、とりあえず実況見終わった後


DVC00025.jpg Ib.jpg


 なんだか落書きしたくなる衝動には駆られました、とだけ。
 色々「やり過ぎた感」「バランス考えていない感」は否めませんが、見てもらえればコノイラストの意味を理解して頂けるかとあとゴメンナサイなんかごっちゃごちゃで。

 手描きMAD系もイッパイ上がっているようなのでコチラも紹介。



 ボカロ曲の「パンダヒーロー」の替え歌です。絵がかっけぇです。



 とりあえずイヴちゃんかわええ。あとニコマスでも有名P「M@co.jp」さんの動画の改変がここまで浸透していたか、、策士やのう。



 こちらはネタバレ全開なのでプレイした後とか僕みたいに全部知ってからの視聴推奨です。泣きます。泣きました。やばいよコレ、歌詞やばいよ、イヴちゃんかわええよ、ギャリーさんマジイケメンですよ、メアリー切ないよ。





 ζ*'ヮ')ζ< 原稿遅れてるのに落書きですか?





 (´・ω・`)< やるしかなかった




 (´・ω・`)< 稀に良くある






 

色んな話 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ