2014/01/28 (Tue) iDOLM@STER MOVIE 【ネタばれ含む気もする】その1

 (=゚ω゚)ノみんな~アイドルマスター劇場版、最初に何処で泣いた~?

 OPのアイドル達の各色の立ち絵がSEと共に出てきた時ですがなにか?

 DSC_0344.jpg

 はい、そんなこんなで1月も気が付くと終盤、コレまで何をしていたかと言うとダラダラしていたりワクワクしていたり、主に会社で社畜に徹していましたコンニチハ猫助です。本当は「サカサマのパテマ」や「Wake Up,Girls!」とかの映画も観ていたりするのですが中々ブログ更新できずズルズルと今に至ってしまいました。ある意味平常運転かと。

 でで、やっと、待ちにまったアイマス劇場版が公開となりました。思えば去年の冬ライブで発表があり自分でもこんなに声が出るものかと思うほどLV会場で歓喜したあの劇場版がついに公開となりました。嬉しい、とにかく嬉しい。

 勿論我先にという前のめりヨロシク、よもやこいつスキージャンプでもするんじゃねぇか?くらいの前のめりな志しで劇場にて観てまいりましたのでいつものイベントレポートな感じでちょっと書いてみようかなぁ、と。少しでもこの作品の面白さを狡猾にブログを読まれた方の脳にインプリンティングできねぇかなぁ。とか思いつつ。あと程良く自慢したかったし!(何

 ですが「考察」「評論」とか書くのは無理なのでいつもの感じで書きます。きちんとしてません。

 ちなみに文章を書く上でどうしても「ネタばれ」なるものが出てしまう為、「まだ観ていない」「知りたくない」「お前の文章でアイマス語るとかちょっと屋上来い」などなど有る方はお控えされた方が良いと思います2行目から既に内容触れてますが。

--------------------------------------------------------------------------

 さてさて、今回のアイマス劇場版、公開初日にはライブヴューイング(LV)にて舞台挨拶も見れるという事で俄然行く気だったのですが、なにやら公開日最速上映なる「0時公開」が仙台の劇場でも開催されるという事でそちらにも行く事にして数時間のインターバルを置いて同じ映画を見る、という初めての経験をして来ました。

 金曜日仕事終わりで車に積んであった私服に着替え「疲れた状況で0時公開、、大丈夫だろうか」と心配しつつ夕ご飯を食べつつ映画館に。実は心配な事はもう一つ、

「人来なかったら辛いなぁ、、」

 という事でした。今回使用される劇場は館内でも1番大きな380席ほどの会場、流石に埋まらないだろ、、良くて150くらい?200?と思ってました。だって未成年は来れ無いし。

 しかし着いてみて驚きました。人、人、人。全員アイマス公開待ち!?これ全員P!?これ全員駄目大人!?(内一人僕)みんな待っていたんだな、この映画。楽しみだよね!楽しみだよね!皆仲間だもんね!皆で一緒に楽しもうね!ああ、スイマセン グッズ物販並びたいんでちょっと除けてもらってイイデスカ?

 グッズ物販はパンフレットとラバーストラップでも購入出来たらいいなぁ、と思いつつ開場1時間前から並んでいましたが列が全然進まない事態。それもそのはず会計レジは1つしかないのです。普通ここまで並ばないもんな、っていうか「パンフ買えるか心配」って思ったのコレが初めてだよ、、映画のパンフなんて絶対買える物じゃん、、。「流石アイマスは、、、アイマス、、か、、」とかなんとか悟りを開きつつスマホの時計を見ては焦りつつ。

 結局飲み物やポップコーンなどを購入するフード販売の所でもパンフのみなら購入出来るとアナウンスが入っていたので30分ほどで離脱。無理なんです、苦手なんです、行列とか。

DSC_0350.jpg

 パンフ購入。飲み物も購入。来場者特典もゲット(写真は2度目視聴時のも含む)さぁ!いよいよ始まりだ!アイドルマスターがでっかいスクリーンで見られるんだ!まさかこんな日が来るとは思ってもみなかった。僕は本当に良いタイミングでアイマスが好きになって良かった。ワクワクでドキドキでソワソワ。ζ*'ヮ')ζ<ほくほく

 スクリーンに映し出されたのはアイマスのアニメ(アニマス)恒例「嘘映画予告」。ああ、これから来ますかw今回も力入ってますねぇ、、魔法バトルものですかぁ、、、魔法バトルものなのにやよいが柱持ってブンブン振り回しているんですがおいスタッフちょっとこいよく分かってるじゃないか。そしてOP。2行目にも書きましたがライブなどではお馴染みなSEと共にキャラの立ち絵がバン、と出てきます。そして始まる「THE IDOLM@STER」の楽曲。泣く、泣いた、これです、この曲から僕のアイマスは始まったのです。これこそがアイマスなのです。ああ、本当にアイマスの映画なんだな、映画になっちゃったんだな、、凄いな、としみじみ思うのです。

 そして始まる本編。

 挿入歌の「ラムネ色 青春」

 先輩となった765プロのアイドル

 Pに徹する律子

 やよいかわいい

 リーダーとなり困惑する春香さん

 信頼の絆で結ばれた仲間達

 話のキーとなるミリオンのアイドル候補制

 やよいかわいい

 言葉では言い表せない最高のステージ

 やよ(ry





 上映が終わり会場が明るくなると拍手が起きました。僕も拍手しました。
 色々余韻に浸りたい気もしましたが車を止めている駐車場が上映終了から30分もしない間に閉鎖されてしまう事もあって急いで車に戻り走り出しました。

 車を走らせながら煙草を吸い、さっきまで見ていたアイマス劇場版の事を思い出します。





















 「これ、、本当に面白かったか、、、?」






 【つづく】



色んな話 | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ