2015/08/22 (Sat) COMICMARKET88終了っ!2nd (本編)

DSC_1160.jpg

0816

_:(´ཀ`」 ∠):_頭が痛い。2つの意味で頭が痛い。ひとつは二日酔い。もう一つは「コミケでの駐車場券の忘れ」。こういう状況を四文字熟語だとなんて言うんだっけ?「泣きっ面に蜂」かな?「自業自得」ですコンニチハ前回から引き続き猫助です。コミケレポートはコチラになります(白目

 とりあえず駐車場に関してはお手伝いさんも居るし、最悪会場で降りてもらって僕は近場の駐車場を探せば何とかなるのでまぁ仕方が無い。良かった、昨日ご飯奢っておいて本当に良かった。(何

 頭痛に関してもそこまで重くは無い感じではあるが地味に痛い。ジワジワ、ウズウズする痛みだ。とにかく寝てる場合でも無くなったので起きてシャワーを浴びる。シャワーを浴びながら「オカシイ、、、こんなはずでは、、、」と「いや、、違うんだ、、別にブログネタが欲しくてやってるんじゃないんだからねっ☆(ラノベ)」という葛藤に悩まされながらシャワーを浴びる。お前は一度滝で冷水でも浴びて色々反省して来い。

 部屋に戻って朝ご飯を食べる。昨日ホテルにチェックインする前に買っておいた蕎麦と唐揚げを食べる。酔っていながらもちゃんと朝ご飯は買っておく有能!その10分前くらいまでの猫助さん、お前は駄目だ反省しろ。(どっちもワイ
 一緒に買った昨日あれからホテルでも飲むつもりだった「缶チューハイ」と「あらびきフランク」はそっとバックに仕舞っておく。泣きながら。なんか色々反省しながら。

 お手伝いさんに連絡を取り、30分早く出発する事に。

 チェックアウトして車の所で待ち合わせ。「・・・ブログネタの為じゃ、、無いよね?」素敵な開口一番のストレートジャブを受けつつ出発。

 一応専用駐車場に行き、事情を話してみる事にする。もし僕がネコ耳少女ででアニメ声で「駐車場券当選したんだけどお家に忘れてきちゃいました~ふにゅぅうう><」とかなんとか言ったら何とかなりそうだと作戦を思いついたが性別からして違う。なので「泣きそうになりながら、いや、なんだったら土下座でもしますけどおひとついかがですか?」くらいの勢いと誠意で訴えかけるしか無かった。

 実際はチケット紛失などの救済処置と同じく、きちんと管理されていた為ちょっとした書類とサークル情報の確認と本部への連絡により駐車場券が当選していて、僕がサークルの代表本人、と確認できたため駐車場に入る事が出来た。感謝しかない。ちなみに案内してくれたスタッフさんは貴音Pでした。

 駐車場に車を止め、まだ痛い頭に持ってきたヒヤロンを当て頭を冷やす。猫助さんは違う意味でも頭を冷やす必要がありそうでしたが。だが朝から肝は冷えた(上手い(そうでもない

DSC_1170.jpg

 会場入りして設営準備をする。スペースに置かれた新刊の段ボールの箱の山に胃が痛い。

DSC_1169.jpg DSC_1142.jpg


 (=゚ω゚)ノ設営完了!

 毎回そうだけど「お値段POP」の置く場所が無い。なんかいつもキュウキュウなスペースだなぁ、、。なんかいつも値段分かりにくくてスイマセン、、、。それ以前にどの本もデザイン似てて分かりにくいんですががが。

kannbann1.jpg

 今回本当は看板イラストを描く時間が無かった為コルクボードにお値段POPを貼り付けるか、もしくは過去の看板イラストを飾るか、と思っていたのですが、自宅への新刊と原稿が早めに届いたため急遽新刊の表紙をスキャンして線画に色を塗ってみたのを看板として作ってみました。今回塗りはオールデジタルで。まだまだ全然ぬりえ程度の使い方ですがなんとか形にはなったでしょうか?

CMWTTtpU8AA8Dma.jpg

 ちなみにツイッター上で「朗読P」さんが「お品書き」を作ってくださいましたこのセンスが欲しい。すげぇ、、、

 開場。

 イベント中は沢山の方々に遊びに来て頂き、本当にありがとうございました。気が付くと頭痛は何処へやら?な感じに。
 ともあれなんとか無事に始めから居る事も出来て頭痛も無くなって「ふーむ、、煙草吸いたいな、、」くらいに余裕は出てきたのですが、なにぶん朝からワチャワチャし過ぎたせいか、もしくはこれ終わったらすぐ帰って明日から仕事か、と脳裏によぎったか、いきなり疲れがやってきてしまい、「(=゚ω゚)やべぇ、、座ると   寝る」くらいにしんどい感じに。もしかしたらこの度対応がふにゃふにゃしてたかもしれません。申し訳無い次第です。万全な体調でもおかしいかもしれませんが

 DSC_1173 (1)

 色々な方に来て頂いた中でお忙しい中「na」さんも遊びに来て頂き、お土産に10thライブのフラワースタンドに飾ったイラスボードの複製(?)を頂きました。こちらはブログの方ではあまりに忙しくて詳しく書けませんでしたがアイマス10thライブにてフラスタのボードイラストをさせていただいてました。本当はこのイラスト制作秘話などブログで書く予定だったのですがまぁよし。ひとつ言うならこのイラスト、以来受けたのが8thライブの後の冬コミだったのですね。その時から秘密裏に色々話を進めていたのです。実際「物」として見ると中々感慨深い気分になります。こちらのイラストはpixivさんにもUPしておりますのでよろしかったらよろしかったら。

DSC_1140.jpg

 10thで思い出しましたが今回の新刊、タイトルロゴが「頭合わせ」で無いのに気が付いた方はおられるでしょうか?そこまで気にする方は滅多にいないかと思いますが、これには意味がありまして。これタイトルの各単語の最後を合わせているんですね。それを縦にみると「Ten」(10)が入っていてほんのりとアイマス10周年をお祝いしています。_(:3 」∠)_ あ、まぁ、、表紙デザインしてる時に見付けたんですががが(偶然

 ででで話は戻ってコミケですが午後一時過ぎから会場へお買い物に行ったのですが行ったサークルさんほぼ新刊完売してました泣いてもいいですか?あと今回も忙しさのあまりコミケカタログは買えず、サークルチェックもフンワリとしかできなかったので何か全然周れなかった後悔。僕のコミケは仙台のメロンととらさんなんや、、、ふふ、、なんだろこの「海外旅行行ったお土産を日本に帰って来てから空港で買う」みたいな微妙な感覚は。

 閉会。なんとか無事終える事が出来た。いや、なんか猫助さん満身創痍なんですが。気を抜くと寝そうな勢いなんですが。今から宮城に向かって車走らせるわけですががが。

 毎回そうなのですが来られる方で「あれ?この方、、〇〇Pさんじゃね?」とか「ライブであったよな、、?」とか思い出す方が居るのですが間違っていたら失礼になってしまうのと猫助さんの記憶力に自信無い事もありお声かけを出来ない事もしばしばありまして申し訳ないです。特に今回は如実に疲れていた事もあったのですが。

DSC_1146.jpg

 そんなこんなでイベントは無事終了しつつも「帰るまでがコミケです」と言う事で帰路に。実際数100キロ車走らせるので本当に無事帰りつかないと僕のコミケは終わらない仕様で。お手伝いさんに「大丈夫か?」の問いにも「_:(´ཀ`」 ∠):_大丈夫です」「うん、社畜って大丈夫じゃ無くても大丈夫って言うよね」とかなんとか最後までカウンターパンチ食らって家に帰ります。

 いつもならば晩御飯をSAとかPAで食べて帰るのですが僕のゴーストが「食べたらお前寝るぞ?」って囁くのでひたすら珈琲を摂取しながらアイマスコール全開で叫びながら「my song」聞いてボロ泣きしながら無事帰路に。


 そんなこんなでなんとか今回のコミケも終了する事が出来ました。
 あらためて、今回コミケ参加者様、お疲れ様でした。そして僕のサークルに来て頂いた方々、新刊、並びに既刊をご購入の方々有難うございました。少しでも楽しい時間を提供出来る本になっていたのならば幸いです。今回の本は場面が切り替わる事が多い内容だったのであちこちに「小ネタ」が隠されています。基本メインストーリーとは何も関係ないネタなので気が付いた方のみニヤリとする仕様になっております。

 折角なのでひとつだけ「分かりやすい・アイマスに関係無いネタ」ですが、「やよい」のページ、やよいが2丁拳銃で横に飛びながら周りに鳩サブレーが飛んでいるコマ。あれ「ジョン・ウ―」です。


 さてさて、今回の新刊なのですが委託販売をなんとかさせていただける運びとなりました。今回も「とらのあな専売」となってしまいますが、よろしければ宜しくお願い致します!

3S-h.jpg Sweet Smile Station





DSC_1171.jpg



_:(´ཀ`」 ∠):_冬コミ応募しますが受かる受からない以前に新刊出来る気がしません。いや、前フリじゃなくて。


(=゚ω゚)ノシ

スポンサーサイト

イベント | trackback(0) | comment(0) |


<<('ω')三('ω')三( 'ω')冬がはじまるよ | TOP | COMICMARKET88終了しましたっ!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hamustudio.blog27.fc2.com/tb.php/259-63679efb

| TOP |

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ