2010/06/10 (Thu) 表紙デザイン

DVC00038.jpg

 まったりと表紙のデザインをすることに。
決して「原稿のトーン貼るの飽きたー」からではなく。

 なく。

 大体のイメージは出来ていたのですがいざ「こういこう!」と決めるまでに
えらい時間がかかるのです。何故だろう。

 オーソドックスに表にイラストをバーンと描いたタイプ。

 表と裏を繋げて一枚のイラストに見せるタイプ。

 ちょっとイラストを斜めにするタイプ。

 広げると縦に一枚のイラストに見えるタイプ。

 あぁ、、考えれば考えるホドに訳が分からなくなってきた。

 僕はそーいったデザインセンスは皆無なのでやたら悩むのです。
 僕の本はこれまで一色刷りと2色刷りばかりで周りのカラーの表紙の同人誌に比べて
地味なのでこーいった所でキャッチーにしないと、、思う、のですが、、。

 あと配色の問題も。
 一色は主線なので黒とかチョコレート色でいいのですが、もう一色はどないすんべ?
3色刷りにしたらもうちょっとポップな感じになるかもしれないのですが
3色の配色は僕のセンスではキャパオーバーです。そんなセンスありません。

 こんなことなら学生時代に美術系の部活をしておくんだった。

 あ、でも一応美術系の部活入っていたか。

 「陶芸部」ですが、、、。

 なぜ、何故血気盛んやんちゃセブンティーンなお年頃にこんな渋い部活入っていたのだろうか、、。

「Hey!ちゃんと土(粘土)を練らないと空気が入って焼いた時に割れちまうぜアミーゴ!」とか
「このゴールドフィンガーで艶めかしく粘土を操ってみせるぜ!(電動ろくろ)アクセル全開!
ヒャッハー!」とかやってる場合ではなかった。というかこの会話、明らかに頭がオカシイ。

 あぁ、面倒臭くなってきた。
もう「タイトルだけ書いてあと真っ白」なほうがキャッチーなんじゃないかしら?
とか思えてきた。「いろいろ美味しい食べ物あるけどご飯が一番!」な原点回帰的な。
「PS3よりもファミコンのドット絵がホッとする」的な。
「やっぱなんだかんだ言っても結局うすしお味ダネ」的な。


 もはやキャッチーというかクレイジー。リスキー過ぎるにも程がある。
 あとこの会話、明らかに頭がオカシイ。

 考えるんだ。考え抜いてベストな表紙を描くんだ。
 脳みそが疲れている時は甘いものを摂取するんだ!

 甘いもの?

 たい、焼き、、?

 あぁ、、そうだ。まだたい焼き食べてなかったなぁ、、
今週末買いに行こう!あと「タッコク」!なんだこのオチ!

 

スポンサーサイト

同人 | trackback(0) | comment(0) |


<<表紙とか映画とか | TOP | コミックマーケット78>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hamustudio.blog27.fc2.com/tb.php/41-722e5ff9

| TOP |

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ