2010/11/23 (Tue) おはよう

 この話は1週間くらい前から書こうかなぁ、、どーしようかなぁ、、と悩んでいたのですが、なんか、なんとなく、ぶっちゃけ考えるのが面倒くさくなってきたので書いてしまおうそおしよお。

 ってな事でなんの話かっていいますとフリーゲーム「ゆめにっき」というゲームの話なのです。

 なんというか実際僕はプレイしていないので話として書くのは順番がおかしいだろ、って感じもしますがスイマセン、あれ一人でプレイする勇気がありません。いやあれはなんというか凄すぎて、、。

 もともと「ゲームセンターCX」好きな猫助さんがニコ動の「ゲーム実況プレイ」というやつで再生数が多いのをにゅるにゅる見ていたのですが、この「ゆめにっき」凄すぎます。

 有名なゲームらしいので今更説明も不要かと思うのですが、簡単に説明すると
「KIKIYAMA」さんという方がRPGツクールで作成したオリジナルゲームでして、「窓付き」という女の子を操作して夢の中を歩き回る、ってだけのゲーム、、?ゲームなのです。基本目的があまりないゲームというと「アクアノートの休日」という」ゲームを思い出してしまいます。あ、今のただの思い出です。

 しかしこのゲーム、画面が怖い。いや怖いというか「狂気」「サイケ」な感じでして心が不安でたまらなくなるのです。まいった。こんな想像絶対僕からは出てこない。こんな引き出し持ってない。うまい言葉や例えが見つからない。なんだこれ、ナンダコレ!?やだコレ怖い。ハイセンスなんですか?ナンセンスなんですか?分からないと駄目ですか?感性ってなんですか?もはや気持ちがグラグラです。

 そして色々していくと見られるチョットしたイベントがあるのですが、

「あぁ!!ワケが、、わからないっ!!」となります。僕はなりました。

 ヒントの無いゲームで、セリフもありません。
ただ、「エフェクト」という特殊能力が使えるようになるアイテム(?)を入手することが出来、それを使いいろいろ試してみましょう、なゲーム性があります。ですがその「エフェクト」

「あぁ!!い、意味が、わからない!!」となります。僕はなりました。

 規則性が見つからない。目的が分からない。製作者のメッセージが解らない。ナニ、、怖い。

 一応エンディングがあります。多分エンディングなのです。衝撃を受けました。愕然となりました。
その時無性に描きたくなった落書きがこちらで。

窓付きさん

 この後色々調べたり他の動画を見ているうちに分かった事は
「このゲームはプレイした一人ひとりが勝手に解釈していい」って事です。いやむしろ解釈することで出来あがるゲームらしいのです。うわぁすげぇ。たしかに色々考えたわ。

 で、色々見た後、またプレイ動画を何本か見ていたのですが改めてみると
「あぁ、、深い、、これ、、!!」と気持ちが変わるのです。初見は怖いイメージばかりだったのに何度も観るとこんなにも気持ちが変わるものなのか、、。

 そんなプレイ動画を見た後、これもニコ動なのですが「窓付きが最後の夢をみた」というタイトルの動画があるのですが、スイマセン、猫助さんボロ泣きでした。やべぇ。これコメント付きで見るのがお勧めなのです。

 あぁ参ったな。人気あるのもなんとなくわかった気がします。
 なんか自分中二病っぽいケドまあいいか。

 もしも知らない方がいたら知ってほしいなぁ、と思いザックリとこんな記事を書いてみました。いや、なんか稚拙な文章ですいません。



 たまにはこんな真面目っぽいお話も、ってことで。


窓付きさん その2





スポンサーサイト

色んな話 | trackback(0) | comment(0) |


<<NEXT | TOP | たちけてドラえもん>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hamustudio.blog27.fc2.com/tb.php/75-21063c14

| TOP |

プロフィール

猫助

Author:猫助
HAMU-studioという同人サークルの猫助さんの
ブログです。
✉[hamu-studioあっとlive.jp]

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ